こんにちは!

転売を始めたばかりの方は
どこを転売先として使用すれば良いか迷いますよね。

とくにメルカリとアマゾンの知名度が高いけどどちらが儲かるの?
と疑問があるかもしれません。

結論からいうと、それぞれのプラットフォームの特徴や違いを理解して転売を実践できればメルカリもアマゾンもどちらも儲かります。

そこで今回は、効率よく転売するために知っておくべき、メルカリとアマゾンの違いについて説明していこうと思います。

■メルカリもアマゾンもどちらも儲かる

結論から言えば、メルカリもアマゾンもどちらも儲かるプラットフォームであることは変わりありません。
・集客力
・商品販売力

それぞれどちらも大手ECサイトとしての力は大きく、転売を行っていく上では外せないサイトになります。

しかし、それぞれには長所と短所があります。

メルカリは個人の私物を売買するためのフリーマーケットという側面がありますので、それほど多い商品数の出品を想定していません。

一方でアマゾンは個人のコミュニケーションを重視するというよりも、とにかく多くの商品を扱う際に有効なサイトだと思います。

扱う商品が少なければ、フリマアプリであるメルカリを使えば見込み客とのコミュニケーションをとりながら商品を販売していくことができます。

アマゾンはFBAを利用しながら、副業でも多くの商品販売していくために必要なプラットフォームであると言えます。

■メルカリとアマゾンはどっちが売れるか比較

メルカリとアマゾンを比較した場合に、どちらが商品を多く販売し、利益を得ることができるのかを比較してみたいと思います。

さっきも言ったとおり、メルカリもアマゾンも集客力と販売力はどちらも十分にあるプラットフォームです。

今回はそれぞれのシステムの違いに注目して説明していきます。

〇出品方法の違い
メルカリは個人によるフリーマーケットという側面が大きいため、商品を1つずつ出品していく形になります。

アマゾンはECサイトという側面が強いため、一度に多くの商品を出品することが可能になります。

アマゾンは公式で出品ファイルの利用を促進しているため、一度に多くの商品を出品状態にすることができます。

〇取引形式の違い
メルカリは商品の購入前に出品者と顧客がコミュニケーションをとる機会が設けられます。

コメント機能を使用することで、商品ごとに問い合わせを行ったり、値下げ交渉などを行ったりすることができます。

価格に関しての問い合わせの他にも、発送方法や発送時期などのやり取りを、コメント欄で行ってから取引に入っていくことができます。

一方でアマゾンは販売に関わるほぼ全ての手続きを、アマゾン側で行うような形になります。

出品者側は注文が入った後、商品を発送すれば良いだけの状態です。
購入者と出品者のコミュニケーションは必要最低限に抑えることができます。
通常の商品の購入であれば、出品者と購入者の連絡などは発生しないのがアマゾンです。

〇発送方法の違い
メルカリは商品が売れた後は、出品者側が商品を発送する形になります。

匿名配送などもありますが、これは出品者と購入者の名前や住所を伏せた状態で商品を発送できる仕組みというだけであり、出品者が発送を行わなければいけないことには変わりはありません。

アマゾンは、
・自己発送
・FBA発送
という形で商品の発送方法が2通りあります。

自己発送は、出品者が購入者に向けて直接商品を発送する形式です。

FBAは、アマゾン倉庫から購入者に向けて商品を発送する形式になります。

FBA販売を行う場合には、出品者はアマゾンの倉庫にあらかじめ商品を納品しておけば、商品が売れた場合にアマゾンが代わりに発送を行ってくれます。
自己発送よりも手数料が多く発生してしまいますが、その代わり、発送に関わる手間を省くことができます。

副業で転売を行う場合には、FBAを利用して梱包や発送に関わる手間を省き、時間を効率的に使うことが可能となります。

〇手数料の違い
メルカリとアマゾンでは、手数料の形式に大きな違いがあります。

メルカリはどんな商品であっても販売額に対して10%の手数料が発生します。

ただし月額で固定で発生する手数料などはありません。

商品が売れない状態であれば手数料が発生することはありません。

一方でアマゾンは販売した商品のカテゴリーによって手数料の金額が変わってきます。
また、大口出品と小口出品の2つのアカウントの種類があります。

1ヶ月間にある程度の商品販売数を見込めるようであれば大口出品のアカウントを利用することになります。
この場合、月額で4900円の利用料が発生します。

〇ユーザー層の違い
メルカリとアマゾンではサイトを利用するユーザー層に違いがあります。
メルカリは、10代-30代までの女性のユーザーが多い形になります。

一方でアマゾンは世代を問わず多くのユーザーが利用していますが、どちらかといえば男性ユーザーが多く利用するサイトとして認識されています。

商品の購入前に様々なやりとりを行ってから購入に至るメルカリと、ほぼやり取りがないまま購買行動に進めるアマゾンの違いがあるかと思います。

〇売れる商品の違い
サイトを利用するユーザー層が違うため、売れる商品の傾向にも違いが出てきます。

メルカリは女性向けのアパレルや、子供向けの商品、もしくはハンドメイド商品なども売れ行きが好調です。

アマゾンに関しては、様々な商品がまんべんなく売れるという形になります。
カタログ制を導入している為、ハンドメイド商品などの作品は販売に向いていないと思います。

■転売初心者はヤフオクも選択肢に入れる

これから転売を始めようとしている初心者の方は、メルカリとアマゾン以外にも、
ヤフオクを商品の販売先として選択肢に入れてみるのもありだと思います。。

なぜなら、これまでメルカリとアマゾンの違いを説明してきた通り、プラットフォームによって、そのサイトを使うユーザー層や売れる商品の傾向が違うからです。

ヤフオクではオークション制を導入している為、出品形式の違いが出ます。

ニッチな商品であっても、その商品を欲しいと思っているユーザーが複数いた場合、自動的に価格がつり上がっていくようなシステムが導入されています。

コレクター商品や、コアなファンが多いような商品ジャンルを扱う場合には、ヤフオクを利用した方が高値で売れる可能性があるということです。

転売を始めてすぐは、一つのプラットフォームに絞り、商品が売れる実感を掴んでいくことが重要です。
ある程度慣れてから、少しずつ商品の販売先を増やすこと考えてみてください。

■まとめ
メルカリとアマゾンはどちらも集客力のある大きいプラットフォームです。
しっかりと商品リサーチを行って、売れる商品を仕入れることが出来れば、メルカリでもアマゾン稼ぐことができます。
重要なのは需要がある商品を扱うということです。
需要がない商品を扱ってもなかなか売れることはありません

/////////////////////////////////////

【副業・転売・総合卸エイト詳細】
初心者でも担当スタッフが丁寧に販売方法など
レクチャーしますので興味ある方は
無料で資料請求下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

転売物販はアイループの無在庫転売

【副業・転売・アフィリエイトに関するブログ】
副業ZONEはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://risicompetizone.com/

【公式】転売情報配信LINE@
超人気15000人も繋がっている
LINE@でも転売詳細情報を無料で配信しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ilaffiliate.xyz/rp/gg/3ox8

/////////////////////////////////////

ビジネス質問は代表のTwitterまでどうぞ
※転売、アフィリエイト、YouTube
リアルビジネス、ネットビジネスなんでも質問下さい。
回答は厳選してYouTubeで回答します

/////////////////////////////////////