ブラック企業を辞めるには退職代行サービスを使おう

全国各地で仕事始めとなった1月6日、意外な所への申し込みが殺到しているというニュースがありました。

それは、自分の代わりに会社を辞める手続きをしてくれるサービスです。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-01633642-sspa-soci

メディアでも注目度が高い退職代行(たいしょくだいこう)ですが、
利用者が増える半面、「非常識だ」「迷惑がかかる」といった意見があるのも実情。

そこで退職代行のサービス内容や利用するメリット&デメリット、
さらに退職代行サービスを利用することによって会社にかかる迷惑等について、掘り下げていきたいと思います

退職代行サービス(退職代行業)とは
ご存知の方もいるとは思いますが、
退職代行サービスがどんなサービスなのか?
まず最初に整理したいと思います

ご存知の方もいるとは思いますが、
退職代行サービスがどんなサービスなのか?まず最初に整理したいと思います

退職代行サービスと聞いて、「退職くらい自分で言え!」「退職にお金を払うなんて…」など
否定的な意見がある一方で、SNSなどに投稿された利用者の声は肯定的なものが大多数

「辞めたい」と言っても受理してもらえない…上司が怖くて「退職したい」と言えない…など、
辞めたいのに辞められない人がかなりの数いることが、退職代行が広まっている背景にあるわけですよね

もちろん、自分で退職の意思表示をするのがベストだと思います
ですが
実際に退職代行サービスに寄せられる相談の中には深刻な悩みも多いそうです。

そういった労働環境下の人を救うという意味では、
退職代行サービスは価値のあるサービスと言えるのではないでしょうか

退職代行サービスができないことについて

退職したいと伝えてくれますが、
例えば未払い賃金の請求やハラスメントの慰謝料請求といった交渉を行うことはできません。

弁護士以外の人が報酬を得る目的で代理交渉することは
「非弁行為(ひべんこうい)」と呼ばれ、
弁護士法でNGとされているため、あくまでも“伝える”ことまでしかしてもらえません

退職代行を利用するケース・利用者とは

既に退職代行サービスを利用して会社を辞めたという人はたくさんいます。

退職したい理由は人間関係や労働条件など人それぞれですが、
辞めたくても辞められない(辞めたいと言えない)ケースには次のようなものが多いそうです。

【CASE1】退職を受け入れてもらえない

退職したいという意思を伝えたものの、「人手不足だから」「他にその業務をする人がいないから」などといった理由で
受け入れてもらえないケース。

退職願を出しても受け取ってもらえず、いつまで経っても退職できないという!
そんなことも少なくないようです。

【CASE2】パワハラ上司への恐怖で退職を言い出せない
パワハラ上司・パワハラ経営者に退職を伝えたときの相手の態度・言動が怖くて退職を言い出せないという人も多いそうです。

パワハラ上司は日常的に高圧的で、気分によって態度が変わったり、人格を否定するような叱責をします。
それが続くことで“嫌い”という感情を通り越し、恐怖心を抱くことに。
この場合、そもそもパワハラ上司の存在が退職の理由になっていることがほとんどです。

【CASE3】入社して間もないため言い出しにくい
入社して数週間、また1~2ヶ月と早いタイミングで退職する場合、
企業側にとってはそれほど痛手はありませんが、退職する側にとって気まずさは大きいと思います。

これは試用期間中に辞めるときも同じ。
気まずさからなかなか言い出せないけど、会社は辞めたい。
こういった状況で退職代行を利用する人もいるようです。

退職代行のメリットとデメリットを紹介します。
退職代行サービスのメリットが以下。

・100%に近い確率で退職できる
・自分で退職したいと言わなくて済む
・会社の人と顔を合わせず退職できる
・退職代行会社によっては即日退職も可能
・弁護士に依頼するよりコストが安い

現状、利用者が多い退職代行サービス会社の退職成功率は極めて高く、過去の成功率100%という会社も複数あります。
よって恐らくですが依頼をすれば100%に近い高確率で退職することができるでしょう。

また依頼した時点から、基本的に会社への連絡はすべて退職代行サービス会社にお願いできるので、自分が連絡を入れることも、会社の人と顔を合わせることもなく退職することができます。

退職代行サービス会社を選べば、即日対応で退職に向けて動いてくれますから、相談したその日から会社に行かなくて済む場合がほとんど。
また退職代行をしている弁護士もいますが、コスト面でも退職代行サービスの方が安いのがメリットです。

そして退職代行サービスのデメリットが

・退職にお金がかかる
・強制力がない
・退職後に良好な人間関係が築けない
・会社との交渉することができない
・退職が癖になり繰り返す可能性がある

自分で退職したいと言うのはタダですが、
退職代行サービスに依頼すると30,000~50,000円ほどの料金がかかります。

しかし複数のデメリットがあるとはいえ、
今すぐ会社を辞めたい人、辞めたくても辞めたいと言えない人、
もう1日たりとも会社に出勤できない人にとって、
即日退職できる退職代行サービスはデメリットを上回る利便性を持ち合わせているんだなと思いました。

退職代行サービスを利用して退職するのは非常識だという意見が多いのも現実です。

「社会人なら最後まで自分で責任をもって行動すべき」「直接退職したいと言いに来ないのは非常識」といった声は、
恐らく今後もなくなることはないでしょう。また社会人として働いている人の大部分は、こういった意見を持っていると思います。

しかしながら、それができない職場環境もあるのです。

退職代行サービスを利用した人の多くが、一度は自分自身で退職の意思表示をすることを考えますし、実際に行動を起こしてみた人もたくさんいます。

それでも退職できない辛い現実があるからこそ、追い詰められて退職代行サービスに依頼をしたのです。

ということを考えると…非常識なのは退職代行サービスを利用して社員が辞めるような会社なのかもしれませんね

もちろん本当に退職代行サービスを利用した側が非常識だったというケースもあると思いますが、利用者がすべて非常識とは言い難いのではないでしょうか。

退職代行利用時に極力迷惑をかけない方法
退職代行サービスを利用して退職することで、多かれ少なかれ会社側に迷惑がかかってしまいます

その迷惑を極力小さくするためには、
「引継ぎ資料を作成しておく」「デスクやパソコンなどを整理しておく」「書類の送付などは速やかに行う」、この3点を実行しましょう。

業務内容や作業手順、取引先の連絡先、データの保存場所といったことをしっかりとまとめておくだけでなく、現状の問題点や課題などもまとめておくと良いでしょう。

またパソコンに保管してある情報を整理し、ファイル名も他人が見てわかるようにしておきます。

もちろん自分が使っていたデスクを整理することも大切。

退職に際し、保険証など必要な物・書類の送付なども速やかに対応しましょう。

いかがでしたでしょうか?
理由がなんであれ
お世話になった会社なのですから、
できるだけ迷惑をかけないようにすべきだと思います。

あとに残される人のことも考えて、できる限りの対応をしましょう。
引継ぎ資料もなく突然退職し、残った社員がその穴埋めをする中でギスギスしてしまうなんてことは避けたいですもんね。

今回は利用者が急増しているという
「退職代行」についてでした!

【副業・転売・総合卸エイト詳細】
初心者でも担当スタッフが丁寧に販売方法など
レクチャーしますので興味ある方は
無料で資料請求下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

転売物販はアイループの無在庫転売

【副業・転売・アフィリエイトに関するブログ】
副業ZONEはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://risicompetizone.com/

【公式】転売情報配信LINE@
超人気15000人も繋がっている
LINE@でも転売詳細情報を無料で配信しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ilaffiliate.xyz/rp/gg/3ox8

/////////////////////////////////////